不動産鑑定評価のご用命は、東京、中央区に強い不動産鑑定事務所M&Mアドバイザリー東京へ

サービス(Service)

不動産鑑定評価

特殊なアセットの不動産鑑定評価

中央区日本橋の不動産鑑定

 

証券化不動産の登場以降、不動産鑑定評価の制度及び評価方法が大きく様変わりしております。不動産鑑定評価を行うにあたっては、高度な専門知識が要求され、1人の不動産鑑定士がすべての案件に対応するのは困難な状況となっています。
例えば、お医者さんを例に挙げますと、内科、耳鼻科、小児科、眼科、外科等のようにそれぞれスペシャリティがあります。これは不動産鑑定士にも当てはまります。賃料評価が専門の不動産鑑定士、商業施設評価が専門の不動産鑑定士、工場、物流評価が専門の不動産鑑定士等といったような状況です。
株式会社M&Mアドバイザリー東京では、総合ディベロッパー、シンクタンク出身の不動産鑑定士が所属しております。特殊アセットについても実物不動産を動かしてきたスペシャリストである不動産鑑定士が対応します。

 

レジデンス オフィス リテール

東京都港区の不動産鑑定

 

マンション、店舗付マンション、借地権付のマンション、アパート、SA等の不動産鑑定評価、デューデリジェンス、コンサルティング等を行っております。ディベロッパー、シンクタンクでの不動産経験によりストックしたデータを基に適切なキャッシュフロー及びキャップレート等の分析を行います。

東京都港区の不動産鑑定

 

事務所、店舗付事務所、借地権付事務所等の不動産鑑定評価、デューデリジェンス、コンサルティング等を行っております。 35年間の不動産鑑定評価業務によりストックしたデータを基に適切なキャッシュフロー及びキャップレート等の分析を行います。

東京都港区の不動産鑑定

GMS、RSC、NSCや百貨店、オフィスビルの地下店舗街等といったように店舗は多種多様です。また、それぞれの商業施設によってターゲットとなる客層や競合店は異なり、運営者の運営能力等によって価値が異なるオペレーショナルアセットです。株式会社M&Mアドバイザリーでは、GMSや銀座のような都心型店舗等を鑑定評価した豊富な経験を有する不動産鑑定士が所属しておりますので安心してお任せ頂けます。

レジャー インダストリアル ヘルスケア

東京都中央区日本橋の不動産鑑定の不動産鑑定

 

ゴルフ場、ホテル、旅館、スキー場、遊園地・テーマパークなどのオペレーショナルアセットの不動産鑑定評価を行っております。
特にゴルフ場及びホテル、旅館に関しましては過去に金融機関様の担保評価やゴルフ場様からの依頼で多数の実績があり、キャッシュフローの分析を行って適切な価値の算出を致します。
また、当社には税理士の一部科目合格をしている不動産鑑定士やアセットマネージャーをしていた不動産鑑定士が所属しており、財務分析は得意としております。

東京都中央区日本橋の不動産鑑定

 

物流施設、インフラ施設、工場等の不動産鑑定評価及びコンサルティング等を行っております。
特に最近では、賃料が安定している等の理由から物流施設への注目が高く、新規に上場するリートが多数あります。物流施設はインターチェンジへの接近性、国道への接近性などの立地条件が不動産の価格に与える影響もありますが、建物スペック(柱スパン、天井高、床荷重等)が不動産の価格形成に大きく影響を与えます。物流施設の不動産鑑定評価は直近1年だけでも数多く担当させて頂いておりますのでクライアントニーズに即したきめ細やかなサービスをご提供させて頂きます。

東京都中央区日本橋の不動産鑑定

近年、中東の不動産ファンドが老人ホームを取得したがっている、ヘルスケアREITが創設される等の話が聞こえてくるように、ヘルスケアアセットは大変注目を浴びています。今後シニア世代の増加が見込まれる日本では優良なアセットとなるのでしょう。株式会社M&Mアドバイザリーでは、有料老人ホーム、介護老人保健施設、病院等の不動産鑑定評価を行っております。日本一高級な高齢者向けレジデンスと言われる物件を評価したことがある不動産鑑定士が所属しておりますので質の高いサービスをご提供させて頂きます。

 

 

 

不動産コンサルティング

東京、港区の不動産鑑定

セカンドオピニオン業務

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンとは、本人がより良い意志決定をするために、担当専門家以外の第三者専門家に意見を求めることを意味します。
最近では病院でも、一つのかかりつけの病院のみならず、色んな医師に意見を聞いてセカンドオピニオンという形で診療を受けるケースが増あります。

 

本サービスは、株式会社M&Mアドバイザリー東京が、 第三者の立場から、お客様に不動産鑑定評価のアドバイスをさせて頂くものです。
不動産鑑定評価は不動産鑑定士の能力、経験、技術等によって鑑定評価の判断、査定方法等意見が分かれることが多々あります。
このため、他の不動産鑑定士事務所で作成した不動産鑑定評価書のレビューやチェック等を行わせて頂きます。
不動産という高額の財産ですので、万が一に備えて複数の専門家の意見を聞きたいというお客様のお声から、次のようなサービスをご提供しています。

 

  • 訴訟の相手側の不動産鑑定士が作成した鑑定評価書のチェックをしてほしい。
  • 不動産業者さんの査定書がどうも納得できない。
  • 依頼した不動産鑑定士がどうも賃料に疎いようだ。

 

下記のようなケースでご活用ください

 

  • 裁判及び調停における自分方の不動産鑑定評価書のチェック
  • 裁判及び調停における相手方の不動産鑑定評価書のチェック
  • 裁判及び調停における鑑定人の不動産鑑定評価書のチェック
  • 税務署に提出された不動産鑑定評価書のチェック
  • 相続税の申告書等のチェック(提携税理士による税務チェック)
  • その他、疑問や不信感を感じる場合に

 

チェック項目
  • 表示ミスチェック
  • 鑑定評価基準に適合しているか否かのチェック
  • 査定の妥当性チェック
  • その他のチェック

 

セカンドオピニオン報酬
土地(机上のみ) 1物件につき80,000円
土地+建物(机上のみ) 1物件につき120,000円
賃料・地代(机上のみ) 1物件につき150,000円

現地調査を必要とする場合は別途20,000円賜ります。

役所調査を必要とする場合は別途20,000円賜ります。

 

 

簡易調査

不動産机上査定(価格・賃料相場調査)

 

不動産についての水準がおおよそいくらか知りたい場合にご利用ください。
土地・戸建住宅・中古マンションを机上査定致します。
なお、机上査定は現地調査をしません。あくまで目安となる価格です。

 

物件を特定できる下記資料をご用意ください。

  • 住宅地図
  • 登記簿謄本
  • パンフレット等(マンションの場合)
  • 公図・地積測量図等

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム(Home) 会社概要(Company) サービス(Service) メンバー(Member) 鑑定報酬(Fee) よくある質問(FAQ)