賃料と相続の不動産鑑定評価はM&Mアドバイザリーへ

賃料と相続の不動産鑑定事務所 |選ばれる理由

都内不動産鑑定士事務所の中でM&Mアドバイザリーが選ばれる理由

精鋭不動産鑑定士

物件規模約3,000億級 多様なアセットに対応

賃料と相続の不動産鑑定事務所士
(財)日本不動産研究所と住友不動産出身の不動産鑑定士が所属し、最新の不動産鑑定評価理論と実務に基づき不動産の適正な価値を算出いたします。不動産は一つとして同じものがありません。病院もあれば、店舗、事務所もあります。また、更地もあります。不動産鑑定士も物件の種類によって得手不得手があります。個性豊かな不動産鑑定士達がクライアントニーズ対応した最良のソリューションを提供致します。

 

賃料と相続の不動産鑑定事務所士1物件で約3,000億円級の鑑定評価を行った経験を有する不動産鑑定士とAM、アクイジションを経験している不動産鑑定士が所属しております。不動産鑑定評価は目利きです。いい物件も悪い物件も評価した経験のある不動産鑑定士でないと不動産の価値を付けることなんてできないと思いませんか。目利きのできる不動産鑑定士にお任せください。

 

賃料と相続の不動産鑑定事務所士
レジデンス、オフィス、物流、工場、老人ホーム、ホテル、リテールの鑑定評価に強い不動産鑑定士が所属しております。
また、農地、山林、田、宅地見込地、借地権、地代、賃料、底地等にも精通している不動産鑑定士も所属しておりますので一度、ご相談ください。都内、海外の評価は当社にお任せください。

 

М&Мアドバイザリーがいま日本中で選ばれる理由

賃料の不動産鑑定士

@不動産に詳しい不動産鑑定士

 税理士や会計士、弁護士の先生方はあれ?っと思われた方がいるかもしれません。不動産鑑定士だから不動産に詳しくて当然なんじゃないのかと。不動産業界の中では不動産鑑定士は不動産を知らないと揶揄されたりします。これは、開発、AM、PM、アクイジション、賃貸等数ある不動産業務の中で鑑定評価業務(バリュエーション)は、ほんの一部の業務に過ぎず、多くの不動産鑑定士は不動産業務やマーケットを知らずに不動産鑑定を行っているからかもしれません。 その点、М&Мアドバイザリー所属の不動産鑑定士は、鑑定評価は勿論、開発、AM、債権回収、リーシング等の業務経験を有する不動産鑑定士ですので、相続案件の中で資産の組み換えや売却、管理、投資アドバイス等の業務が発生したとしてもすべての不動産業務に対応することができます。

 

A鑑定評価に詳しい不動産鑑定士

 前記で不動産鑑定士は不動産を知らないといわれると書きました。では、鑑定評価には詳しいのか?というと、大きな個人差や得手不得手があるのです。不動産鑑定士と言いつつ、建物には詳しくなくて、土地しかわからない不動産鑑定士も多いです。特に相続をメイン業務でやっている不動産鑑定士は土地の業務が多いですから、建物の評価を得意としないことが多いのです。
 その点、М&Мアドバイザリー所属の不動産鑑定士は土地の評価だけでなく、ホテルやシニア施設、百貨店などのオペレーショナルアセットや3,000億級の不動産、証券化不動産の評価、借地権、底地、賃料評価もできる不動産鑑定士が揃っておりますのであらゆるアセットについて、説得力ある時価の算定が可能です。

 

B財産評価基本通達に詳しい不動産鑑定士

 相続業務の不動産「時価」の捕捉において重要なのは3つの基準を理解していることと、不動産マーケットに精通していることです。不動産マーケットを無視した価格というのは時価でも何でもありません。従ってマーケットに精通しているということはとても重要です。そして、3つの基準とは、相続税の財産評価基本通達、不動産鑑定士の鑑定評価基準、固定資産評価に使われる固定資産評価基準を言います。土地部分の評価には主に財産評価基本通達と鑑定評価基準を、建物部分には固定資産評価基準と鑑定評価基準に基づく価格を比較してどちらがより適正な時価を表現できるかということが財産評価において重要です。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 会社概要(Company) 業務提携(Tie-up) サービス(Service) メンバー(Member) 鑑定報酬(Fee)