賃料と相続の不動産鑑定評価はM&Mアドバイザリーへ

地主、ビルのオーナー、テナントの方へ

地主、ビルのオーナー、テナントの方へ

賃料と相続の不動産鑑定事務所士

事務所・店舗の家賃や地代の月々のお支払いが負担となっていませんでしょうか?もしくは地代や賃料が近隣と比べて安すぎるため、もっと高くてもいいんじゃないかとお考えではありませんか?

 もし「家賃・賃料が高い」「地代が高い」「もう少し賃料・家賃を削減したい」と思っている方、ぜひ賃料地代に強い不動産鑑定士にご相談ください。
 賃料・家賃に強い不動産鑑定士が不動産鑑定評価書を作成させて頂きます。

 

賃料評価(家賃及び地代)について

賃料と相続の不動産鑑定事務所士

 

賃料評価は不動産鑑定士によって異なるのが正直なところです。また、元本評価はできても賃料評価はやったことがない不動産鑑定士もいます。賃料の評価書で、築年が経てば経つ程、賃料が高くなる。こんなおかしな評価書をみたことがあります。また、期待利回りを地価公示の割引率と同じにしている不動産鑑定評価書もみたことがあります。期待利回りの本質がわかっていないと、期待利回りが高くあるべきなのか、低くあるべきなのかさえわからないのです。不動産鑑定評価基準には期待利回りは還元利回りの求め方に準ずると書いてあります。しかし、細かい求め方は書いてありません。賃料にお困りの際はM&Mアドバイザリー東京まで。

 

 

賃料評価(家賃及び地代)についてはこちらへ

 

相続でお困りの方へ

M&Mアドバイザリーは、税理士や弁護士と相続解決サムライLLPを運営しております。

 

相続解決サムライLLPとは

来春に控える相続税法改正に伴う基礎控除額の圧縮により相続税申告件数の増加が予想される中、相続に携わる専門家にはサービスの質向上即ち、申告業務だけでなく、事前の相続対策・相続税還付を含めた幅広いソリューション提案力の向上が急務となっています。こうした社会背景を受け税理士、不動産鑑定士、弁護士等の各専門家が連携した、相続解決法をワンストップで相談できる窓口の必要性を感じ「相続解決サムライLLP」を設立しました。

 

 

相続税は相続財産に課税される税金ですので、適正な時価を算定することにより、相続財産の評価額を圧縮できるか否かが節税の肝となります。
相続税評価の実務においての代表例の一つに、広大地評価があります。広大地評価についてはこちら

 

また、商業ビルでも相続財産の圧縮ができるケースが存在します。
例えば、賃貸用の商業ビルでかつ満室稼動していないような場合がこれに該当します。一般的に賃貸用の商業ビルは「貸家」として土地・建物の相続税評価額が算定されますが、ビルに空室が存する場合、空室率に応じて評価額が高くなる場合があります。特に、空室がある解体予定のビルの場合は、空室がない場合に比べて評価額が高くなります。このような場合には、鑑定士による鑑定評価を活用することにより、資産を圧縮できる場合があります。

 

同様に、新築ビルで満室稼動前の場合や、低稼働のタワーパーキングが存する場合についても鑑定評価の活用により還資産を圧縮できる場合があります。

 

また、特殊仕様のビルやホテル・百貨店・旅館等のオペレーショナルアセットについては、鑑定評価を適用することにより、

 

分有や共有、転借地といったような権利関係が複雑なビルについては、評価すべき対象を整理することにより資産の評価を下げられる場合があります。


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 会社概要(Company) 業務提携(Tie-up) サービス(Service) メンバー(Member) 鑑定報酬(Fee)