賃料と相続の不動産鑑定評価はM&Mアドバイザリーへ

証券化プレイヤーの方へ

証券化プレイヤーの方へ

賃料と相続の不動産鑑定事務所士

不動産の証券化における鑑定評価が必要となるのは、以下のような場合です。当社は住友不動産、(財)日本不動産研究所出身の不動産鑑定士が所属し、多様なアセットを経験しております。特に東京エリアの証券化不動産についてのご相談、ご依頼はお気軽にどうぞ。

 

 

 

  • 資産流動化やJ-REIT、プライベートファンド等のAM等が、対象となる不動産の取得及び譲渡等に際して、価格査定が必要となる場合
  • 資産流動化法による不動産の取引を行う場合
  • 対象不動産に信託設定を行う場合
  • 対象不動産についてノンリコースローン等金融機関から借入を行う際の担保評価を行う場合
  • 運用期間中の各決算期に対象不動産の適正な価格に関する情報開示のため

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 会社概要(Company) 業務提携(Tie-up) サービス(Service) メンバー(Member) 鑑定報酬(Fee)