賃料と相続の不動産鑑定評価はM&Mアドバイザリーへ

賃料と相続の不動産鑑定事務所 | 不動産鑑定評価基準

賃料と相続の不動産鑑定事務所 | 不動産鑑定評価基準記事一覧

賃料と相続の不動産鑑定事務所 | 不動産鑑定評価基準1

第1章 不動産の鑑定評価に関する基本的考察| 賃料と相続の不動産鑑定士不動産の鑑定評価とはどのようなことであるか、それは何故に必要であるか、われわれの社会においてそれはどのような役割を果たすものであるか、そしてこの役割の具体的な担当者である不動産鑑定士及び不動産鑑定士補(以下「不動産鑑定士」という...

≫続きを読む

 

賃料と相続の不動産鑑定事務所 | 不動産鑑定評価基準2

第2節 地域要因 |賃料と相続の不動産鑑定士地域要因とは、一般的要因の相関結合によって規模、構成の内容、機能等にわたる各地域の特性を形成し、その地域に属する不動産の価格の形成に全般的な影響を与える要因をいう。T 宅地地域1.住宅地域住宅地域の地域要因の主なものを例示すれば、次のとおりである。(1...

≫続きを読む

 

賃料と相続の不動産鑑定事務所 | 不動産鑑定評価基準3

U 原価法 | 賃料と相続の不動産鑑定士1.意義原価法は、価格時点における対象不動産の再調達原価を求め、この再調達原価について減価修正を行って対象不動産の試算価格を求める手法である(この手法による試算価格を積算価格という。)。原価法は、対象不動産が建物又は建物及びその敷地である場合において、再調達原...

≫続きを読む

 

賃料と相続の不動産鑑定事務所 | 不動産鑑定評価基準4

第2節 依頼者、提出先及び利害関係等の確認前節による依頼者の意思の確認においては、あわせて、次に掲げる事項を確認するものとする。T 依頼者及び鑑定評価書が依頼者以外に提出される場合における当該提出先U 関与不動産鑑定士又は関与不動産鑑定業者に係る利害関係等 1. 関与不動産鑑定士又は関与不動産...

≫続きを読む

 

賃料と相続の不動産鑑定事務所 | 不動産鑑定評価基準5

第1章 価格に関する鑑定評価第1節 土地T 宅地1. 更地|賃料と相続の不動産鑑定士更地の鑑定評価額は、更地並びに自用の建物及びその敷地の取引事例に基づく比準価格並びに土地残余法(建物等の価格を収益還元法以外の手法によって求めることができる場合に、敷地と建物等からなる不動産について敷地に帰属す...

≫続きを読む

 

賃料と相続の不動産鑑定事務所 | 運用上の留意事項1

不動産鑑定評価基準総論(以下「総論」という。) 及び同基準各論(以下「各論」という。) 運用上の留意事項は以下のとおり。T 「総論第2章 不動産の種別及び類型」について不動産の種別の分類は、不動産の鑑定評価における地域分析、個別分析、鑑定評価手法の適用等の各手順を通じて重要な事項となっており、これ...

≫続きを読む

 

運用上の留意事項2

X 「総論第7章 鑑定評価の方式」について1. 価格を求める鑑定評価の手法について| 東京・日本橋の不動産鑑定士(1) 試算価格を求める場合の一般的留意事項について1) 取引事例等の選択について ア 必要やむを得ない場合に近隣地域の周辺地域に存する不動産に係るものを選択する場合についてこの場合に...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム(Home) 会社概要(Company) サービス(Service) メンバー(Member) 鑑定報酬(Fee) よくある質問(FAQ)